dhcのグルコサミンは一味違う|軟骨を作る成分

目の健康は非常に大切

果物

目薬に頼らずに目を楽に

目薬を使えば即座に疲れ目が解消しますが、医薬品であることを忘れてはいけません。使いすぎると逆に疲れ目を促進するので、副作用の心配なく目のトラブルを解消したいならサプリがおすすめです。ブルーベリーサプリは疲れ目によいサプリの定番で、低コストで始められるのが特徴です。1日あたりの費用は50円〜100円程度であり、サプリの中でも安いほうでしょう。健康食品に使用されるブルーベリーは、野生種のビルベリーを使用したものが多く、生食用よりアントシアニンが多く含まれたものが多いです。ブルーベリーサプリを選ぶときは、アントシアニンの含有量は必ずチェックしておきましょう。ブルーベリー以外の成分で疲れ目によいものは、ルテイン、βカロチン、DHAなどがあります。

カロチノイドもおすすめ

目によい成分と言えばブルーベリーが有名ですが、カロチノイド全般も目の健康維持に役立ちます。ルテイン、βカロチン、アスタキサンチンなどはいずれも目の抗酸化力を高めることで、ダメージから守ってくれるのです。紫外線を浴び続けると目の痛み、視力低下などにつながるため、普段からサングラスを着用してカットすることも大切です。ただ完全に防ぐことはできないので、活性酸素に対抗できる成分を摂取しておく必要があります。植物の色素成分であるカロチノイドは、目の機能維持に欠かせないものです。ブルーベリーは疲れ目・かすみ目に効果的なのに対して、カロチノイドは眼病予防に役立ちます。両者の成分をバランスよく摂ることが目の健康に欠かせないのです。